べジータ名言集
苦い汁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンボールZⅢ 烈戦人造人間

「ドラゴンボールゲーム考察」の第3回(第1回第2回)。
今回取り上げるのは「ドラゴンボールZⅢ 烈戦人造人間」です。


烈戦人造人間

ストーリーは前作である「ドラゴンボールZⅡ 激神フリーザ!!」のエンディング直後、
つまりフリーザ戦のクライマックスから始まります。
その後オリジナルストーリーを挟みつつ、セルの出現までを扱っています。




フリーザフリーザ
冒頭から一方的にボコボコにされる前作のラスボス、フリーザさま。




クウラクウラ
劇場版から参戦のおにいさん、クウラ。




19号19号
事実上のラスボスとなる19号。




18号17号
実は双子の姉弟、18号&17号。




16号16号
一言もセリフがない16号。




セルセル
16号同様、謎を残したままエンディングを迎えるセル。




本作でまず気が付くのは、戦闘アニメの高速化です。
前作までに比べ、キャラの動作が格段に速くなっており、ダメージ表示もメッセージ
ではなくキャラの顔グラフィックに数字が表示されるだけ。
結果、原作さながらのスピーディな戦闘が楽しめると同時に戦闘時間の短縮化も実現。
さらに各キャラの最強技使用時のビジュアルも前作と比べ豪華になっています。


ここまでは良い事ばかりのようですが、きちんと落とし穴が用意されていました。
ストーリーが短いうえに中途半端です。
ラストは神様と同化したピッコロがセルと対峙、戦闘に突入します。
しかし3ターンで戦闘は強制終了、セルに逃げられてそのままエンディングに直行。
(発売当時、原作はまだセル編の真っ最中でしたから)
ちなみにエンディングの流れはこんな感じ
もっと言うと19号戦以降の戦闘は勝ち負けに関係なくストーリーが展開するため、
事実上のラスボス19号を倒すとエンディングまでまっしぐらです。


余談ですがそのエンディングのラストに表示されるメッセージ。


こんどは オラが やる!

このメッセージを記入してバンダイにハガキを送ると抽選でプレゼントがもらえる、なんて
キャンペーンを当時やっていました。




話を戻しますが、本作は背景(あらすじ)に関するテキストもかなり少なくなっています。
(この作品をプレイするのは原作を知っている人が大半だとは思いますが)
これに戦闘の高速化も相まってプレイ時間はかなり短く、物足りなさを感じます。


また、新たな戦闘方法として2Dバトルが追加されました。
2Dバトルでは通常戦闘と違って簡素なアニメーションで戦闘が行われます。


2Dバトル

が、戦略がほぼ立てられない上に戦闘をスキップできる訳でもなく、
敢えて使う意味もありません。
ちなみに従来通りの戦闘は必然的に3Dバトルという名称になるのですが、
3Dと言ってもキャラのグラフィックが大きくなったり小さくなったりするだけで、
今にして見れば完全に2Dでした。
時代を感じさせます。


何というか少々辛口になってしまいましたが、[READ MORE...]以降で
本作の魅力について深く掘り下げていこうと思います。
タイトル:ドラゴンボールZⅢ 烈戦人造人間

対応機種:FC

メーカー:バンダイ





★宿命の対決!

今回のストーリー分岐は前作までと比べると趣向を凝らしたものになっています。
まず進行によっては人造人間の襲来前に悟空が心臓病を克服し、
一緒に戦うことができます。
(通常は原作通り心臓病でダウン、人造人間戦は悟空抜きでの攻略となります)
以降悟空のセリフがないのは残念ですが、もともと出番の少ない主人公を長く
使えるのは嬉しい限り。
さらに悟空が健在の状態で18・17号との戦闘を終えるといよいよ舞台が整います。
16号の存在理由は、孫悟空を倒すこと。
原作では実現しませんでしたが、本作では悟空と16号が1対1で
対決することになります。


悟空vs16号

負けてもゲームオーバーにはなりませんが、なかなか憎い演出だと思います。
ちなみに分岐の条件は前シナリオのボス、変身後のクウラを3ターン以内に倒す、です。




★小さな巨人、再び

過去2回の「ドラゴンボールゲーム考察」では彼に注目してきました。
そう、「ちょうのうりょく」を駆使してZ戦士を強力にバックアップしてきた
餃子(チャオズ)です。
前作では全体攻撃を身に付けたクリリンに「小さな巨人」の称号を奪われて
しまいましたが、本作では見事に復活を果たしています。
「強襲!サイヤ人」で見せた反則レベルの補助効果はありませんが、
「ちょうのうりょく」が全体技になりました。
ボスキャラも普通に動きを止められてしまいます。
しかも戦闘に参加させていなくても毎ターンかなりの確率で使ってくれます。


ちょうのうりょく

こうして餃子は「地球人一役に立つ男」の称号を取り戻すことができました。




★天さん暴走

ゲームオリジナルのシナリオでは、原作ではあり得ない展開に出会うこともしばしば。
良く言えば味がある、悪く言えばボロが出てしまったひとコマ。


「ダイナマイト」。


ダイナマイト

Z戦士にダイナマイトは必要ないでしょう。
しかしそれだけにとどまりません。




もんばん

ちなみにもんばんの顔グラフィックは街にいる「しょうねん」の使い回しです。




もんばん

飛び越えるなり気絶させるなりいくらでも手段はあると思うんですが。




天津飯の発想

天津飯…お前まさか!




ダイナマイト


結局それかよ!!


しかし今作の天津飯はここで終わりません。




むらびと

だから飛び越えるなり気絶させるなり…。
結局そのまま人質を救出しに行くことになります。




しゅうようじょ

「なんだ きさまらは!」




しゅうようじょ


「せいぎのみかたさ!」




しゅうようじょ


「ふざけやがって! しねえ!」


三文芝居の匂いがプンプンしてますが。
というか天津飯ってこんなキャラでしたっけ…?
そもそも地球人の弱みを握って門番にしたり人質を取って道を塞がせたり。
地道な努力は認めますが惑星戦士(クウラの手下という設定)はホントもう
アホなんじゃないかと。
そしてしっかり足止めされてるZ戦士っていったい…。




★烈戦人造人間名場面集

3大超サイヤ人。




今回クリリンは生きて地球に帰っている設定です。
悟空が超サイヤ人に目覚めた理由は何だったんでしょう。






一緒に戦えるのは1度だけ、しかもこちらから操作できないトランクス。






「そうさ ただ じゅんすいなあくだがな
 そのしゅうねんで ついに スーパーサイヤじんに なったのだ!」
と、激しい怒りですらないよく分からん理由で超サイヤ人に目覚めたようです。




ポルンガ

どんなねがいもかのうなかぎり3つだけかなえてやろう。




そうでもなかったようだな

フリーザやクウラと比べて強いのか弱いのか、コルド大王。


本作で大きく進化した最強技使用時のビジュアルはコチラ




以上、「ドラゴンボールゲーム考察」、「ドラゴンボールZⅢ 烈戦人造人間」編でした。
色々書きましたが原作のファンなら十分に楽しめる出来だと思います。
読んでくださった方が「面白そうだ」と思ってくれれば何よりです。
スポンサーサイト

テーマ:ファミコン - ジャンル:ゲーム

トラックバック

PROFILE

にがむし

Author:にがむし
横浜在住・東京勤務。
出身はやっぱり山口県。
当面の目標は東京脱出。

CARENDER

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

CATEGORY

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

LINKS

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。