べジータ名言集
苦い汁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回春…じゃなくて球春。

満員御礼。


球春到来。
王者奪還を誓う我らが埼玉西武ライオンズの開幕戦に駆けつけました。
昨シーズンは10試合くらいドーム観戦しましたが、1試合も勝てませんでした。
ライオンズの勝率がちょうど5割だったのを考慮すると、なかなか凄い確率。
取引先のライオンズファンからは「二度と行かないで下さい」と嘆願される始末。


にがむし自身、昨年はライオンズの試合ぶりを反映したかのように公私共に精彩を欠いた
1年だったので、今年は流れを変えたいところ。
そんな想いを胸に秘め、球場を訪れたわけです。




試合はヒット7本を放ったマリーンズを涌井が粘りのピッチングで1点に抑え、
貧打に喘ぎながらも7回のソロホームラン2本で2得点、そのまま逃げ切ったライオンズが
見事勝利を飾りました。
とにかくライオンズの打球は伸びがなくて勝てる気がしませんでした。
テンピュール製低反発ボールじゃない?とか、初戦からやる気ないなんて…
いやでも確かに俺も月曜日はやる気しないしな、とか。
愚にもつかない事ばかり言いながら眺めてましたが、結果的に勝てたのでとりあえず
万々歳です。
中島もだけど新外国人のブラウンにまず一発が出たのが良かった。
あと、これまた新加入のシコースキーが最後をきっちり抑えたのも。


観戦に行った試合としては1年以上ぶりの勝利。
今年は幸先が良いようです。


マリーンズはとにかくチャンスを活かせなかったけど、西岡はじめ調子は悪くない感じ。
明日のライオンズ帆足-マリーンズ渡辺俊、ドームには行けないけど見ものです。


そういえばラッキー7にはマリーンズ側のスタンドからもジェット風船がちらほら舞ってたけど、
白い上にまばらなもんで「ヒュ~ドロドロドロ…」って音が似合う趣でした。
ほら、一反木綿的な何かが。




ちなみに昨シーズンは「1試合も勝てなかった」んだけど1度だけ引き分けがありました。
↓の試合だったんだけど、観ててポカーンとしたなぁ。



6/14 広島 内野5人で左併殺




ともかく。
このままロケットスタート→キノコダッシュ,スターを駆使して赤コウラをシャットアウトで
ぶっちぎって欲しいものです。
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

赤いボタンを知ってるか

「冷え知らず」さんの生姜チャイ


これ、めっちゃあったまるよな…。
今日は特に寒かったので外出の時は重宝しました。




何気なくニュースを観ていてびっくりしました。
我らが西武ライオンズの赤田外野手がオリックスに電撃トレードだそうです。
赤田といえばライオンズのキャプテン兼選手会長。
チームメイトからの信頼も厚く、精神的支柱としての役割もあっただけに残念。


ただ本人とすれば栗山,ボカチカ,GGの三人がスタメン定着してから故障,打撃不振もあって
出場機会は減ってたし、例の件もあって外野の層が薄くなったバファローズという活躍の場が
用意されたのは良い事かも知れません。
年齢的にもこれからの選手なので、ライオンズ随一の守備範囲や俊足スイッチヒッターの
特長を活かして頑張って欲しいです。
欲を言えばライオンズでもう一華咲かせて欲しかったけど…。


2005年にやっぱり選手会長だった小関を放出した時と比べると納得できる形です。
(あれは自由契約であってトレードとはまた違うから当然か)
トレード先がパ・リーグ内なので西武ドームでも活躍を度々観られるのは楽しみです。


赤田将吾 オフィシャルサイト 侍魂


さてさて逆にライオンズに入団するのは阿部内野手。
学生時代にやってたナムコのリアル系野球ゲームで使ってた記憶があります。
ウェーバー方式で選手を獲得して作るオリジナルチームでペナントを勝ち抜くモードで。
(ただし遊撃手は真っ先に中島を獲得したためスタメンじゃなかったけど)
基本的に内野はどこでも守れるとの事なので、こっちも間違ってないんじゃないでしょうか。




ところで電撃トレードって本人もその日に知らされるもんなんでしょうか。
人事異動とか気になる3年目の冬なのでした。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

ありがとう。

かんきのしゅんかん。


遅ればせながらですが。




西武ライオンズ優勝おめでとう!




日本シリーズ出場を決めたあの試合は観に行けたけど、さすがは日本シリーズ。
チケット取れませんでした。
というか西武ドームでの試合は平日しかなかったし…。


というわけで。


日曜日のにがむしは。


「メシいこうぜー」という同期の誘いにも。


「飲みいくぞー」という先輩の命令にも。


「磯野ー、野球やろうぜー」という中島の囁きにも負けず。


引き篭もってテレビ観戦を満喫いたしました。
(俺がサザエさんを観ない・録らないというのがどれだけ重大な事か!)


初回の中島早打ち&片岡暴走とか、ノリ切れなかった西口とか。
「あーあ」って感じの場面も多かったけど、石井・涌井の好投にワクワクしたし、
最後はジーンときた。
特に8回の片岡。


デッドボールにガッツポーズ

初級に盗塁

送りバントの後、中島の内野ゴロに迷わずホームイン!


の流れに目頭が熱く…。
というわけで、俺はこの試合のビデオを何度も観ちゃうんだろうなぁ。


巨人ファンの方には不満の残る試合だったかも知れません。
ボカチカの1点は仕方ないとして(配球は分からないので置いといて流れ的に)、
8回の片岡もデッドボールで出したランナーだし、中村を歩かせて野田と勝負…
のはずが四球。
結果、今年のシリーズ男・平尾と勝負する事になるし。
微妙なところでどちらが勝ってもおかしくなかったぽい。


それはさておき渡辺監督も「次はアジアシリーズ」なんて言ってました。
はっきり言って、取ってつけたようなアジア王者の称号なんてどうでもいいけど、
また西武戦が観られる!
そして決勝はどう考えても日本と韓国!
かつ、ホームである日本チームは常に一塁側で試合をするルール付き。
なので西武の日本一を信じて、アジアシリーズ決勝(一塁側)のチケットは手配済み。


これで日本(西武)が決勝いかないとかいう冗談はやめてください。
いやもうマジで。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

勝った勝った勝った。

ラッキー7


感無量。


日曜日の試合で負けた事で、かえってクライマックスシリーズ優勝に立ち会えました。
やっぱり球場にいると空気が違う。
テレビ観戦じゃあんなに感動しなかっただろうな、と。


あと、来場者(西武応援席のね)プレゼントが豪華でびびりました。
マフラータオルは前回のフラッグの代わりなんだろうけど、メルマガ登録で貰えた
ユニフォーム。
これはもう着るしかないわけで。
所沢を離れても、部屋に着くまで得意満面にワイシャツの上から羽織ってました。


試合は日ハム投手陣がボロボロだったのは確かだけど、そこにしっかり付け込めた。
大活躍の後藤はもちろん、片岡がきっちり1番の役割を果たしていたのも目立った。
あと涌井。
シーズンの成績だけ見ると10勝そこそこの投手が4人で横並びにも見えたけど、
やっぱりエースは涌井だという事を実感させられました。
(というか横並びは横並びで短期決戦には良いのかも…)


中島の自打球の影響とかちょっと気になるところですが。


西武ライオンズのクライマックスシリーズ優勝を祝し、そして日本一を祈って、
おやすみなさい。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

ブルーな日々よりピンクな日々所望。

満員御礼。


西武ドーム初上陸。
東京にいながら実は行ったことなかったのです。
というか、こっちに来てからプロ野球観に行ったのが初めて。
当たり前なんだけど、西武ドームは西武ファンが多いなぁ、と。
いや、学生時代に行ってた京セラドームのビジター席なんてガラガラだったもんで。
(阪神戦とかクライマックスシリーズだとまた違うんだろうけど)


それにしてもやってしまった2連敗。
1点目、2点目の時は十分返せる点差だと思ったけど、終わってみれば7失点。
ぅおい!てツッコミたくなるところ満載な試合でした。


ちなみに球場外で西武応援席のチケットを見せれば応援フラッグが貰えました。
これ、なかなかいい。
いくつかあった盛り上がるシーンでは応援席が青いフラッグで埋まってました。
合言葉は「Blue,Blue,and Blue!」。
確かにブルーだ(笑えない)。


というわけで、第4戦も行くつもりです。
火曜日だけど強行に早退を敢行したいと思います。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

PROFILE

にがむし

Author:にがむし
横浜在住・東京勤務。
出身はやっぱり山口県。
当面の目標は東京脱出。

CARENDER

06 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

CATEGORY

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

LINKS

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。